軽トラックの性能

軽トラックの性能と歴史

軽トラック,性能,歴史

現在形トラックを販売している各社すべてがモデルチェンジを果たし、どれもが最新モデルといえるようになりましたね。全てにAT車が設定され、より運転しやすくなったことと思います。

 

そもそも軽トラックとは、読んで字のごとく軽自動車規格トラックです。軽トラックが出始めた当初は三輪車が主に走っていましたが1960年代あたりから四輪になり、それらが主流となりました。

 

昔は安全面などがあまり優れていなく危険なものでしたが現在は新規格が導入され、安全基準が設けられています。この基準は時速50キロで衝突しても死なない程度、らしいですね。

 

荷台の大きさは縦が約182センチ、横が約91センチほどとなっています。これは尺貫法が現代日本でも多く用いられている影響でしょう。ちなみに尺に直すと縦が6尺、横が3尺となります。

 

フロントエンジン、リヤドライブが一般的な駆動方式となっています。縦置きエンジンが主流ですが、中には横置きエンジンのものもあります。しかしこちらはなかなか稀有なケースと言えます。基本的にはアンダーフロアエンジン形式という荷台の直下やシート下にエンジンが配置される形式となっています。

 

また、ボディやタイヤのサイズが小さかったりと狭い道を走りやすい、という魅力があります。