軽トラ高価買取|軽トラック高く売るなら

軽トラックを高く売るには

軽トラ,買取,売る.高価

軽トラックは中古車市場では予想以上に人気、需要がある車です。軽トラックも各社発売されていますがどのメーカーの軽トラも人気がります。

 

軽トラは仕事で使用されることがほとんどなので、使用方法で程度に差があり、買取価格にも差が出ますが、程度の割に買取価格が出る事も少なくありません。

 

では、軽トラを高く売るコツは!

メーカー下取りよりも車買取業者の査定依頼
複数の査定依頼で一番高い査定業者と交渉する
軽トラ買取に強い車買取業者を探す

※上記の事が一度に出来るのが車買取一括査定サイトです。一度の登録で複数社の査定依頼が出来、一番高い買取業者を探す事が出来ます。しかもあなたの軽トラを探している業者が見つかるかも知れないので高価買取が可能になります。

 

軽トラ買取におすすめの車買取一括査定サイトを下記に紹介しています。少しでも軽トラを高く売りたいと思われているのなら是非ご利用下さい。
もちろん完全無料でご利用頂けます。


軽トラ査定に有利な車買取一括査定サイト

かんたん車査定ガイド

 

軽トラ、軽ワンボックスカーなどの買取に強い車買取一括査定サイトが、かんたん車査定ガイド
簡単な登録でその場でおおよその買取価格も解るのですぐに幾らくらいの査定が出るのか知りたい方、相場が解らない方の利用でもご利用頂けます。

 

また大手車買取チェーン(ガリバー、カーチス、カーセブン)や地域の中古車販売業者、車買取業者の査定をまとめて最大10社依頼で知る為、今のあなたの軽トラの最高価格で売る事も可能かも知れません。

 

軽トラは以外に高く売る事が出来る車種なので、損をしない為にも車買取一括査定サイトをご利用下さい。
下取り価格より大幅な査定価格を引き出せるチャンスはココにありますよ!

 

簡単な登録ですぐにおおよその査定価格がわかる
軽自動車など小型車の買取に強い
完全無料でご利用頂けます

 

 

 

 


 

ズバット車買取比較

 

車買取一括査定サイト中でも提携している業者の数が多く、全国に150社以上と提携しています。
全国的に提携業者が多い事や大手車買取チェーン(ガリバー、ラビット、ユーポス)や大手中古車販売店など買取価格に期待が持てる業者の査定が最大10社まで依頼出来るのであなたの軽トラも高額査定が出るのではないでしょうか?

 

車の売却は、以前はディーラー下取り&買取でしたが、今は車買取一括査定サイトなどネットで簡単に複数社の査定依頼出来るので損をしない、後悔しない価格でも売却も可能になっています。
知らないと損をしますが、ここで情報を入手された方は、後悔しない軽トラ売却が出来ると思います。

 

提携業者150社は業界トップクラス
人気車種は最大10社の査定依頼で高価買取可能
完全無料でご利用頂けます

 

軽トラックの中古車としての需要

軽トラ,買取,売る.高価

中古車の買取価格を決めるのは、中古車としての人気、需要ですよね!
軽自動車は、普通自動車より中古車での買取は高く値崩れが少ないと言われています。実際、軽自動車を買取査定した場合、新車価格の割に高く査定か買うが出る事も少なくありません。

 

では、軽トラックや軽バンなど仕事で使い車、軽自動車はどうなのでしょうか?
仕事で使える車、自動車は需要が多く、中古車としての価値は高めです。しかも最近では海外からの引き合いもあり車種によっては予想以上に高く取引されるケースもあります。

 

軽トラ、軽バンも仕事で利用される車で、しかも需要が比較的多く誰にでも簡単に運転が出来るなどで中古車としての需要は多くなっています。また最近の軽自動車は故障しにくく丈夫な事から少しぐらい年式が古い車や過走行の車の買取可能です。

 

※まとめ
軽トラ、軽貨物車は中古車での需要は非常に高く予想より高値が付く事も珍しくありません。動かない軽トラや倉庫、ガレージでほったらかしの軽トラでも買取価格が付く事も有ります。
少しくらい程度が悪いと思われる軽トラでも車買取一括査定サイトなどの利用で予想を超える価格の提示も有ります。
軽トラ需要は、あなたが思っているより高いと思います。廃車などを考えている軽トラもこの際に査定依頼に出して見てはいかがでしょうか?

 

軽トラックなぜ高く売ることが出来るのか?

軽トラの中古車は高く売れると言われていますよね!

 

本当に軽トラの中古車は高く売ること出来るのでしょうか?

 

なぜ、軽トラの中古車は高く売れるのか?

 

軽トラ、軽トラックの中古車が高く売れると言われる理由として、年式が古くてもよい価格の査定が出やすいことや新車価格の割りに査定価格が高いことなどが挙げられます。

 

購入価格の割りに中古車で売却する際に査定価格が比較的安定していて高値が付きやすく、リセールバリューが高い車だと言えます。

 

中古車市場では、年式とともに価値がどんどん下がります。ほとんどの車、自動車で、5年落ち以降は、中古車販売価格の下落に伴い査定価格もどんどん下がります。

 

5年、7年、9年、10年以降と中古車としての価値が下がるとともに、買取価格も下がり、10年落ち以降は、ほとんど価値がなくなる車種やモデルもあります。

 

しかし、軽トラは、年式で急激に査定価格や買取価格が下がりにくいと言えます。

 

なぜかというと、軽トラの利用される方の多くの方が、近所を走るだけで、長距離運転はほとんどしません。ですので、年式の割りに走行距離の少ない軽トラが多く、5年落ちで1万キロしか走っていない軽トラの中古車なども出回っています。

 

走行距離は中古車市場では重要な要素で、年始距離も走行距離を重視する方が多いことからも年式の割りに低走行車が多い軽トラは、中古車査定価格も出やすく、結果「軽トラは年式の割りに高く売れる」などと言われていると思います。

 

また、中古軽トラは、需要が高いことで軽トラを扱う中古車店なども積極的な買取をしてくれることが多く、相場よりも高値で買取してくれることもあると言えます。

 

軽トラの中古車は、軽トラの買取に積極的な業者に売却できれば、比較的高値で売却できると言えるのではないでしょうか?

 

ここで、軽トラの中古車の売却事例を紹介します。

 

5年落ち、ダイハツ ハイゼットトラックの売却事例

2010年式の軽トラを2015年に売却した際の事例ですが、
5年で走行距離が13000kmと少なく、農家での使用の軽トラで程度もよかったことなどからスタンダードモデルでしたが、買い取り額は、55万円付きました。
査定に利用したのが、ネットの車査定サイトです。一括査定と言われていた複数の業者に査定を依頼して、3社の業者に出張査定に来ていただきました。
その中で一番高値の業者に売却しました。

 

このように、軽トラの中古車の査定は、55万円というのは高い?と思われるかもしれませんが、新車価格が諸費用込みで100万円前後の車として5年乗って55万円で売却できれば良いのではないでしょうか?
ただ、ディーラーにも査定に出したそうですが、この査定価格よりも低かったそうです。

 

7年落ちホンダ アクティトラックの売却事例

2017年に7年乗ったアクティトラックを売却した事例ですが、
こちらの軽トラは、7年落ちで、走行距離も55000kmと少し多めの軽トラの中古車ということで、査定価格、29万円で売却しています。
7年落ちで5万キロ以上走行した軽トラとしては、オーナーさんは納得して頂いたそうです。
こちらの査定は、ネットの車査定でも大手の1社だけの査定で売却したそうです。複数査定なら後、1万円、2万円は高く売ることが出来たかもしれませんが、オーナーさんの希望価格の査定ということで即決しています。

 

7年落ちで5万キロ以上走っていてもタイミングよく売却できればこれくらいの査定価格を引き出すことが出来ます。この事例では、業者が丁度、軽トラの中古車を探していたそうで、即決して頂くための少し高めの査定価格を提示しています。
軽トラの中古車の売却の差には、ディーラーなどよりも軽トラの中古車の買取に積極的な業者に売却できれば、比較的高い価格での売却をしやすいと言えます。

 

2年落ちの軽貨物便として購入した軽トラの幌車、箱車の売却事例

軽貨物便を始めるために、軽トラの幌車、業者の限定車として軽トラ貨物を購入して仕事を始めましたが、労働時間が長く、2年ほど続けましたが、思っているほどの収入にもならなかったので廃業しました。
その際に軽トラも売却しましたが、2年落ちのサンバートラック、走行距離が7万キロと少し多めでしたが、軽貨物の需要が多いことなどから査定金額は、72万円で買取して頂けました。
車買取一括査定サイトで、4社の査定を取りましたが、一番高値で買取してくれる業者への売却です。
実際、軽貨物便の軽トラの新車価格は150万円以上したので、2年で半値以下は少し残念でしたが、特殊な軽トラでしたので売却できてよかったということでした。

 

こちらの事例は、軽貨物便をはじめたオーナーさんが紹介業者から購入した軽貨物専用の軽トラで荷台が箱になっているモデルです。
軽トラとしては特殊な車両ですが、ネット通販などの宅配の増加で、この手の軽トラ中古車需要は高く上手に売却できれば、高く売ることが出来る軽トラの中古車と言えます。
今回の軽トラは、2年落ちですが、走行距離が多めでしたので買取価格はそれほど高くなりませんでしたが、走行距離が少ない場合、査定価格も高くなる傾向にあります。

 

10年落ちのスズキ キャリイの買取事例

スズキのキャリイの農繁仕様、10年落ちの2007年式の軽トラを2017年に売却した事例です。4WDの5MT車で、走行距離が3万キロと10年落ちとは思えないほどのキャリイトラックでしたが、程度はそこそこで、売却価格は、18万円でした。
こちらもディーラーには売らずに、車一括査定で2社の査定でした、登録してから2社しか連絡が来なかったそうです。
2社の査定の中でも高値で買取してくれる業者、18万円の査定を出してくれた業者に売却を決めました。この軽トラをスズキのディーラーに査定を出したそうですが、10万円以下の査定価格だったそうです。

 

10年落ちで、3万キロの走行ならほとんど乗っていない軽トラですが、乗っていないことでエンジンやその他の箇所の痛みも考慮した査定と言えます。
年式が古くなるとネット車一括査定サイトへ登録しても思っているほどの反応がないことも多く、普通車で10年落ちで人気がない車種の場合、査定依頼が来ないこともあります。
古い年式でも買取が出来る軽トラの中古車だと言われていますが、実際の査定価格は期待を裏切ることも少なくありません。

 

廃車と思っていた軽トラが売れた事例

10年以上前のスバルのサンバートラックを廃車にするために廃車手続きなど調べていたところ、廃車にするにも廃車代行費用や引き取りのためのレッカー代などの費用が掛かることがあるとのことで、悩んでいました。
長らく乗っていなかったことでバッテリーも上がりエンジンの始動も出来ない軽トラ、実際に動くか確認も出来ないサンバートラックを無料で引き取りや廃車が出来ないかを調べていたところ、無料廃車引き取りのサイトを見つけ、依頼しました。
2003年式のサンバートラック、不動車として登録したところすぐに連絡がきて1万円で買取と言うとでした。
処分に困っていた軽トラを廃車手続きも代行して頂き、1万円で買取して頂けました。
今回、利用した廃車買取と言うサイトが廃車買取のカーネクスト

 

ホンダのアクティ ダンプの売却

軽トラのダンプを売却しました。植木の仕事で利用していた軽トラのダンプです。主に植木の算定した際の処分するごみの運搬で使用していましたが、積載量の関係で2tのダンプカーへの買い替えのため売却することにしました。
ダンプカーへの買い替えという事で、いすゞのディーラーで下取りしましたが、走行距離や程度からそれほどの査定価格が出なかったので、ネットの査定サイトでも査定しました。
するとですよ!ディーラー査定よりも5万円も高く買取してくれる業者が見つかりそちらで即決しました。
金額的にも5万円の差は大きく、すごく得な売却が出来たと思っています。
中古車の査定価格は、業者での差が大きいとは聞いていましたが、軽トラのダンプでこれだけの差が出るとは思いませんでしたと言うのが正直な感想です。

 

事故で助手席側が破損した軽トラの売却

事故で助手席側が破損した軽トラの売却です、年式は2015年式でまだまだ新しい軽トラックでしたが、事故を起こしてしまい助手席側が大きくへこんでしまい、そのままでは走行することが困難な状態で修理代も結構な金額が掛かることで処分することにしました。
廃車もあり得るのかと思っていましたがネットの中古車査定サイトで査定依頼したところ、35万円で買取して頂けました。
修理代などを考えると高く買取していいただけたと思います。

 

ダイハツのハイゼットトラックのジャンボの買取査定

ダイハツのハイセットトラックのジャンボを泣く泣く売却しました、仕事2割、遊び8割で利用していた軽トラで多少のカスタムもしていた愛着のある軽トラでしたが、車、2代の経費が掛かりすぎという理由で売却することになりした。
程度も良く、グレードも高グレードのハイセットのジャンボでしたが、ディーラーでは良い返事、査定が出なかったので、車の査定サイトへ登録してみました。
すぐに連絡があり、買取したいという業者が5社来ました。その中の電話での買取金額が高い業者3社の査定を依頼しました。
結果、93万円で売却することが出来ました。2年落ちで走行距離12000qで4AT、4WDのジャンボは中々でないそうです。
ディーラー査定よりも大幅アップで良かったです。


軽トラを高く売る為の査定のコツ!

軽トラ、軽トラックの中古車は、需要が高いことはあまり知られていません。軽トラのオーナーさんの中には簡単に売却される方も多く、中古車の査定価格はあまり高値が出ないと言う認識の方も多いのではないでしょうか?

 

軽トラは仕事で利用することがほとんどで、粗悪に扱われることが多いと言えます。漁業関係で利用された軽トラは、錆なども多く程度は良くないことも少なくありません。
また、農業の運搬車、移動手段として利用された軽トラも荷台の汚れや傷みが酷いことも少なくありません。

 

しかし、軽トラの中古車は、外見の程度はそれほど良くないのですが、走行距離が少ない軽トラが多いですね!このような軽トラは、エンジンなどは調子よく、中古車としての価値が高いことも少なくなく、このような軽トラを安く買取、修理して高く売る業者もあります。

 

軽トラの中古車は、値崩れが少なく、年式や程度が良ければ、期待以上の価格で売ることも可能な車種、モデルだと言えます。

 

しかし、軽トラのオーナーさんのほとんどが、その軽トラの購入先のディーラーで簡単に売却される方も多く、もう少し高く売ることが出来る軽トラを、自動車店の言い値で売却されることが多いと言えます。

 

 

軽トラは、上手に売れば期待上の価格での売却が可能な中古車が多く、中古車として売りやすいと言えます。

 

このサイトに訪問されているという事は、軽トラの売却をお考えで、しかも少しでも高くることを希望されている方だと思います。

 

では、軽トラの中古車、ホンダのアクティトラックやダイハツのアトレートラック、スズキのキャリイ、三菱自動車のミニキャブトラック、スバルのサンバートラックなどがあります。

 

どのメーカーの軽トラも中古車としての需要は高く、軽トラの場合、メーカーよりも程度や走行距離、年式が重要な要素になることが多いと言えます。

 

軽トラを少しでも高く売る為の査定方法、有利な査定で高く売る為にはどうすればいいかと言えば、軽トラの中古車を買取してくれる業者の査定を3社から4社程度取ることです。

 

複数業者の査定です。しかし軽トラの中古車を買取してくれる業者の査定を複数取ることは難しいと言う方も多いのではないでしょうか?
そこで役立つのが、当サイトでも紹介している車買取一括査定サイトです。簡単な登録だけであなたの軽トラを買取したい業者を探すことが出来るだけでなく、複数の業者の査定も依頼できます。

 

もちろん、無料で利用できるサービスで、無料出張査定で自宅や保管場所まで査定に来てくれる業者がほとんどで、売却が決まれば、すぐに引き取りもして頂けます。ややこしい名義変更などの代行も無料ですので、必要書類を集めるだけで、軽トラの売却が可能です。
軽トラの中古車を有利ン査定で売るコツ!軽トラの査定を高くする方法として当サイトがおすすめするのは、ネットの車買取一括査定サイトの利用です。

 

軽貨物など箱型、幌型の軽トラ買取

軽貨物、赤帽や軽急配など軽の宅配や運送に使われる軽トラでも箱車、幌車になっている軽トラックなど高く売るたい方

 

軽貨物の仕事を始められる方は軽トラック購入も必要ですね!赤帽なら赤帽会社から赤帽仕様の軽トラを購入しますね!
軽貨物仕様の軽トラックは購入の際に少し高めです。幌、箱を荷台部分に取り付ける事や赤帽や軽急配などの会社からの購入で手数料なども含まれるため相場よりも少し高めで購入された方も多いのではないでしょうか?

 

この様な箱型、幌型軽トラを売却したい方も多いと思いますが、購入価格の割に中古車買取価格は高くなる事は少ない様です。
それでも軽トラとしては高く購入したのだから少しでも高く売りたいですよね!

 

そこで役立つのが上記で紹介した車買取一括査定サイトです。軽貨物車の専門店などとも提携している事もあり、専門店ならではの査定が期待出来るのも魅力です。
また大手車買取チェーンなども軽トラの買取を積極的にしている所もある為、高値が出やすいですよ!

 

軽トラ、軽貨物、軽バンなどすぐに仕事で使用できる車の買取はより多くの業者への査定依頼が高値を出す事です。
是非、当サイトおすすめの軽トラ買取に強い車買取一括査定サイトをご利用下さい。

 

ダンプタイプの軽トラ買取

軽トラックでもダンプタイプは、中古車市場でも流通台数が少なく、上手く売れれば査定価格も期待できると言えます。
軽トラダンプは、需要自体はそれほど多くなく、軽トラの中でも査定価格が出にくいと言われますが、中古車として出回らいないので探している業者があれば、査定価格も期待できます。

 

ダンプタイプの軽トラの売却は、ノーマルタイプの軽トラよりも売却先や査定先が重要になると言えます。
査定先、売却先で、買取金額の差が出やすいので売却後に後悔しない為にも車買取一括査定サイトなどで高値買取業者を探しましょう!

 

冷凍、冷蔵車の軽トラ買取

軽トラックにも冷蔵車や冷凍車仕様のモデルが発売されています。
軽トラックの中でも新車価格は高額ですが、中古車として売却する際にはリセールバリューは良くないと言えます。

 

特に特殊な利用の車でもあり、利用する方、中古車で探す方も少なく、中古車市場では流通しにくいモデルの軽トラですので買取に積極的な業者も限定的、ほとんどいないと言うのが現状ではないでしょうか?
また、中古車としての購入は故障などのリスクもあることから売却しにくいモデルだと言えます。

 

ですので軽トラの冷凍車、冷蔵車の中古車は、査定価格が軽トラのモデルの中でも売却しにくく査定価格も出にくいモデルですので、少しでも高く買取してくれる業者を探す為にも複数業者の査定が必要ではないでしょうか?

 

パワーケートタイプの軽トラ買取

パワーゲートタイプの軽トラックはホンダのアクティトラックなどから発売されています。特注でパワーゲート仕様にしている軽トラなどもあると思いますが、パワーゲートの軽トラは、バイク、オートバイの輸送や重量のある荷物の運搬に需要が結構あるモデルです。
しかし、中古車となると、中々売却知るのが難しく、査定価格もそれほど期待できる金額が出ないことも多いと言えます。

 

軽トラ、軽トラックは、ノーマルモデル以外は、需要が低く中古車として安い査定価格の提示も多いと言えますが、流通台数が限定的な事で、そのような特殊な車両を探している業者を探すことが出来れば、高値査定を引き出すことも出来ると言えます。
その為にも、売却する軽トラ、パワーゲイト仕様の軽トラを探している業者ことが出来れば、高く売れるかもしれません。
ここで役立つのが、車買取一括査定サイトだと言えます。

 

車検切れの軽トラの売却、処分

軽トラの処分、買取希望車で多いのが車検切れ車です。車検が切れて処分にお困りの軽トラックは以外に多く処分方法がわからない、動かす事が出来ないので処分しないでほったらかしの軽トラも多いのではないでしょうか?

 

車検が切れていて査定などに持って行けない軽トラは無料出張査定サービスの利用が便利でおすすめです。しかも無料出張査定を行なっているサービスの中でも車買取一括査定サイトなら車検切れの軽トラでも買取出来るケースも多く程度が良ければ高い査定価格が出る事も有ります。

 

車検切れや故障車など動かない、動かす事が出来ない軽トラックでも無料で利用出来る車買取一括査定サービスなら自宅まで無料出張査定に来てくれ幾らかの値段で買取してくれるケースがほとんどです。

 

自宅で処分にお困りの軽トラも車検が切れてそのままにしている軽トラなど動かす事が出来ない軽トラックの査定は車買取一括査定サイトが便利で良いですよ!

 

故障、動かない軽トラ買取

軽トラックの売却や処分の際に多いのが、故障や動かなくなってからの処分です。
軽トラは、仕事で利用される方がほとんどで、自家用車で利用する方はほとんどない車種、タイプの車だと言えます。
仕事兼趣味や自家用というパターンは多いと思いますが、軽トラを完全自家用車として利用する方は少なく、その為、過酷な利用、使われ方をされるため、故障などで動かなくなるまで使われる方も多いのが軽トラです。
ですので、故障や不動車、動かない軽トラの処分や査定依頼が多いと言えます。

 

しかし、故障車や不動車の軽トラの穂s分と言えば、廃車?と思われる方も多いかもしれませんが、年式や故障具合、動かない理由などによっては買取が可能です。
軽トラの故障車、不動車の売却や処分で困るのが、査定に出すことですね!
しかし、最近は、無料で出張査定などに来てくれる業者もあります。ただ、故障者や不動車、年式が古い車は、ネットの車査定でも査定をしてくれない、出張査定に来てくれないこともあります。
まずは、あなたが処分したい軽トラが売却可能なのかは、車一括査定サイトの登録してみるのが早いと思います。


軽トラックの選び方

 

※軽トラ発売メーカー
軽トラックは、今現在ダイハツ、ホンダ、スズキ、スバルの4社が製造しています。ミツビシや日産はスズキのOEM、トヨタもダイハツのOEMです。軽トラックは当然軽自動車なのでサイズやエンジンの排気量もすべて同じで、パワーも同じです。

 

そんな軽トラックですが、新車で購入すると結構値段が高いんです。もっともスタンダードなモデルでも4WDの5速MTで100万円くらいはします。以前はそんなに値段が高くありませんでしたが、最近は安全性の向上などで価格が上がっています。 

 

ですので軽トラックを購入するなら、登録済未使用車がオススメです。田舎に行くと幹線道路沿いに軽自動車専門の登録済未使用車がたくさん販売されていますが、この中には軽自動車も販売されています。価格はディーラーで購入するよりも10万円くらい安く購入できます。登録してからしばらく時間がたっていますので、車検が来る時期は3年より短いですが、それを考慮しても登録済み未使用車の方がオススメだと思います。

 

また軽トラックの価格はホンダが他社に比べると若干高く設定されていますので、登録済も高く設定されています。でも乗り心地や燃費性能はほとんど変わりませんので、どこのメーカーでもほとんど同じです。

 

 

 

※軽トラの選び方


軽トラックの選び方について調べてみました。

 

スズキのキャリイは運転するのが簡単なシステムを採用しています。
オートマチック限定運転免許証しか持っていない人でも運転できます。
スズキ キャリイはとある軽トラックの人気ランキングで1位でした。

 

軽トラックは収穫した農作物を運んだりするために使われることが多いので新車にこだわらないという人も多いです。
中古ならば予算が少なくても購入することができます。

 

良い中古軽トラックの選び方は走行距離が少なく海沿い地方で使われていなかったものです。

 

運ぶ荷物が多い場合や坂道が多いところを走るという場合は馬力のある軽トラックを選ぶようにしてください。

 

有名な中古車販売店で購入すると保証がしっかりとしているので安心です。

 

燃費が良い軽トラックはダイハツのハイゼットです。
ガソリン代をなるべく節約したいという人におすすめです。
室内空間も広めとなっています。

 

軽トラックについていろいろと知りたいときには「軽トラックパーフェクトマニュアル
」という本があります。
2015年1月に発売されたばかりです。

 

取り扱っている本屋を探すのは難しいのでパソコンやスマートフォンを使ってネットで注文して取り寄せたほうがいいと思います。

 

ホンダのアクティとスバルのサンバーはエンジンの丈夫さで定評が有ります。各社、特徴がありますが、各メーカー軽トラとしての性能は高水準です。自分の好みや近くにディーラーなどがあるなどで選べば後々のサポートなども安心です。

 

軽トラの売却、処分、買取の体験談

 

軽トラの改造車の売却です。軽トラの中古車を購入後、タイヤのインチアップやハンドル、シフトノブ、カーナビなどの装着で改造を楽しみました。ある程度、改造してくると飽きてくるのですね!改造している期間は、楽しみで、休日なども軽トラをいじっていましたが、飽きるとそれもなくなり、次の車が欲しくなり、軽トラを売却することにしたのですが。スズキのキャリィでしたが、スズキのディーラでは、査定すらして頂けませんでした。ノーマルに戻すことも考えましたが、売却する軽トラにお金をかけるのも嫌だったので、改造車、カスタム軽トラでも買取してくれる業者はないのか探したところ、ネット車買取一括査定サイトで簡単に解決することが出来ました。
改造軽トラでも買取してくれる業者の査定を無料の出張査定で出来、適正な査定をして頂いたと思います。


 

 

仕事で使用していたスバルのサンバートラックをネットの車査定サイトを利用して売却しました。軽トラの貨物車の売却です。
軽貨物の仕事を始めましたが、1年足らずで挫折してしまいました。仕事内容についていけず、購入した軽貨物車、軽トラの処分をすることになったのですが、購入価格は、普通の軽トラよりも高く、150万円以上したと記憶しています。
普通の軽トラではなく、軽トラの荷台に貨物用の箱が付いたモデルでしたが、軽トラとしての程度は良い方だと思います。1年足らずしかたっていなかったですからね!
しかし、相場よりも高く買っていた事も有り、買取価格と新車購入価格との差は大きかったと記憶しています。しかし、軽トラは、中古車市場では、需要が高いという事と、年式の新しい軽トラはほとんど流通しないという事で、期待以上の価格で売却出来ました。
この時に利用したサービスが、車一括査定サイトという、登録すれば複数業者から連絡が来るシステムの査定サイトでした、大手の車買取チェーンと地元の中古車店から連絡がきて、高い査定の業者に売却しました。


 

 

高齢の父の軽トラを売却しました。年齢的に運転させるのが不安になり普段乗りの軽トラの処分をすることにしました。
父は、まだ大丈夫だと言っていたのですが、先日、軽トラを溝にはめてしまいました。
これをきっかけに軽トラを処分することになったのですが、溝に落としたときにできたヘコミや傷みが出来ていたこともあり、売ることが出来るのかネットの車査定サイトで問い合わせたところ、すぐに現車確認して頂き、買取して頂けました。
名義変更なども必要書類を揃えることで簡単にして頂けたことなど思っているよりもスムーズに処分出来ました。


25年ルールで古い軽トラが高く売れる

25年ルールをご存知ですか?

 

アメリカの中古車輸入に関する規制の緩和なんですが、アメリカでは、国内で販売されていない自動車は、安全基準や排ガス規制などで輸入が禁止されています。

 

しかし、この規制には年数があり、それが25年なんです。25年以上たつ中古車は、輸入が出来るのです。

 

スカイラインのGTRなどもこの25年ルールで中古車価格が大幅に跳ね上がった車です。

 

その波が、軽トラにも来ているのです。アメリカで軽トラがすごく人気になっているのですね!

 

その為、アメリカの中古車ディーラーが25年落ちの軽トラを買いあさっています。25年落ちの軽トラと言えば、廃車というのが普通です。しかし、25年ルールで、上手に査定に出せば、30万円以上で売却できることもあるそうです。

 

25年前の軽トラがそれほどあるとは思えませんが、もし古い軽トラがあるのならこの機会に売却してみてはいかがでしょうか?

 

意外に軽トラでも高く売れるかもしれないという話でした。

 

所さんの番組でもやっていた番組のYouTube

 

軽トラ中古車買取相場

メーカー・車種 年式 タイプ・程度 買取相場
スズキ・キャリイ 2008(平成20年) 標準 2WD・可 90,000円
ダイハツ・ハイゼットトラック 2008(平成20年) ジャンボ 4WD・可 270,000円
ホンダ・アクティトラック 2008(平成20年) SDX 4WD・可 90,000円
スズキ・キャリイ 2009(平成21年) FC農繁仕様 4WD・良 280,000円
ダイハツ・ハイゼットトラック 2009(平成21年) ジャンボ 2WD・不 230,000円
ホンダ・アクティトラック 2009(平成21年) アタック 4WD・良 280,000円
スズキ・キャリイ 2010(平成22年) KC 4WD・良 340,000円
ダイハツ・ハイゼットトラック 2010(平成22年) EXT 2WD・可 400,000円
ホンダ・アクティトラック 2010(平成22年) タウン 2WD・良 420,000円
ダイハツ・ハイゼットトラック 2017(平成29年) エクストラ55th 2WD・良 680,000円
スズキ・キャリイ 2011(平成23年) KC 2WD・不 220,000円
ダイハツ・ハイゼットトラック 2011(平成23年) EXT 2WD・可 500,000円
ダイハツ・ハイゼットトラック 2011(平成23年) ジャンボ 4WD・可 570,000円
ホンダ・アクティトラック 2011(平成23年) タウン 4WD・可 380,000円
スズキ・キャリイ 2012(平成24年) KCリミテッド 2WD・良 380,000円
ダイハツ・ハイゼットトラック 2012(平成24年) エクストラVS 4WD・可 550,000円
スズキ・キャリイトラック 2017(平成29年) KX 4WD・良 740,000円
ホンダ・アクティトラック 2012(平成24年) アタック 4WD・可 390,000円
スズキ・キャリイ 2013(平成25年) KX 4WD・良 580,000円
スズキ・キャリイ 2013(平成25年) KC農繁仕様 4WD・可 450,000円
ダイハツ・ハイゼットトラック 2013(平成25年) 農用スペシャルVS 4WD・可 510,000円
スズキ・キャリイトラック 2016(平成28年) KCスペシャル 2WD・良 590,000円
ホンダ・アクティトラック 2013(平成25年) タウン 4WD・良 500,000円
スズキ・キャリイ 2014(平成26年) KX 2WD・良 620,000円
ダイハツ・ハイゼットトラック 2014(平成26年) ジャンボ55H 2WD・良 680,000円
ホンダ・アクティトラック 2014(平成26年) SDX 2WD・良 480,000円
ダイハツ・ハイセットトラック 2018(平成30年) ジャンボ 4WD・良 1,180,000円
ホンダ・アクティトラック 2014(平成26年) タウン 4WD・良 680,000円
スズキ・キャリイラック 1992(平成4年) 不明 280,000円

軽トラ買取 対象地域

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・静岡県・山梨県・新潟県・富山県・石川県・福井県・長野県・岐阜県・愛知県・三重県・奈良県・和歌山県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県・沖縄県/

各メーカーの軽トラ

更新履歴