どんな軽トラが高く売れるのか?

高く売れる軽トラとは?

中古車で高く売れるのは、年式が新しく、走行距離も少ない程度の良い車ですね!軽トラも同じく、年式、走行距離、程度で買取価格、査定価格の差が出ます。

 

しかし、軽トラの場合、仕事での使用が前提で、仕事で利用してきた軽トラを中古車として売却される方がほとんどだと思います。程度の面で、どのような仕事、荷物を運搬していたかで大きく変わるケースも多くあります。
特に漁業関係で塩水などで荷台に錆が多い軽トラは、査定価格は低くなります。
逆に、段ボール製品などの運搬に利用していた軽トラは比較的綺麗な車が多く、査定価格も期待できると言えます。
軽トラの場合、利用頻度、どのような利用かで査定価格も大きく変わることが多いと言えます。

 

軽トラは、新車購入よりも中古車として購入を検討される方も多いので、軽トラの中古車市場は、意外に需要が高いと言えます。
ですので、査定価格も業者間で大きく異なることも多い車種だと言えるのですね!高く売れる軽トラという事ですが、高く売れる軽トラは、使用に伴う痛みが少なく、走行距離の少ない軽トラは比較的高値査定が出やすと言えます。

 

高く売れる軽トラの前に、軽トラを高く買取してくれる業者への売却が重要になるのではないでしょうか?
同じ軽トラでも、査定に出す業者、買取してもらう業者で大きく価格が変わります、Aの業者は30万円の査定でBの業者は40万円の査定を出すことなど普通にあります、同じ軽トラでも査定業者によって10万円以上の査定価格が出ることなど珍しいことではありません。
特に程度の良い、高く売れる軽トラの場合は、査定価格の差が大きくなる傾向にありますので、高く売れる軽トラの売却の際には、複数業者の査定で、出来るだけ高値査定の業者に売却するようにしましょう!

 

当サイトでの、軽トラの査定、買取に実績のある車買取一括査定サイトを紹介しています。是非、軽トラの査定、売却の際にはご利用ください。完全無料で利用できるサービスだけ紹介していますので、是非この機会にあなたの軽トラが幾らで売ることが出来るのか調べてみてはいかがでしょうか

 

軽トラ査定に強い車買取一括査定サイト


25年ルールの軽トラ

25年ルールをご存知でしょうか?

 

アメリカでの輸入車の規制の事でアメリカ国名で販売されていない車種、車は安全基準や排ガス規制に合格していなので輸入が禁止されています。
軽トラの中古車もこれに当てはまり、25年以上経つ軽トラしか輸入することが出来ません。

 

これ20年ルールのため、25年落ちの中古車、軽トラで程度の良いものは高く売ることが出来ることも珍しいことではありません。

 

スカイラインGTRも25年ルールで高騰した1台です。

 

今、軽トラ、軽トラックがアメリカで人気が高まっていることから、アメリカ向けの自動車ディーラーが25年落ちの軽トラを買いあさっていると言われ、実際、古い軽トラが高値で取引されているようです。

 

廃車にするような古い軽トラが、20万円、30万円などで売却されるのですから驚きです。

 

放置されている軽トラなどがあれば、処分するチャンスかもしれません。古い軽トラの処分にお困りなら海外市場への中古車買取なども可能な車買取一括査定サイトなどを利用して査定してみてはいかがでしょうか?


各メーカーの軽トラ